facebookボタン twwterボタン
hinasoyo blog

働き方論から恋愛論まで。日々の雑感も含め、専門領域を超えて幅広く発言して行きます。

或る大学教授の挑戦。延べ20日間の準備で、 「通訳案内士試験」に合格しました!


 合格率20%前後で、難関国家資格の一つと言われている「通訳案内士」試験。ふとしたことから昨年受験し、一度の挑戦で合格することができた。受験した理由は、2つ。①一応英語が使えるので2020に向けて何らか役に立てたい。どうせ役に立てるなら専門的な形の方がいい。②通訳ガイドを実践しながら、“インバウンド観光マーケティング”についても研究の幅を広げたい。
 
 ここでは、試験挑戦の体験記と、独自に考えた“合格のノウハウ(特に二次対策)”を書いてみたい。ある程度すでに英語が出来る人で、他に仕事を持ち、試験準備に時間やエネルギーを多くかけられない人にフィットするアドバイスだと思う。
 
 この試験は、一次(筆記試験)と二次(口述試験)があり、一次の合格率が30%くらい。一次を通過した人の二次の合格率は70%で、30%×70%=21%前後の合格率となる。
 
 一次は、2016年8月21日(日)。TOEIC840点以上は、英語の試験が免除される(僕はコレ)。他に、日本歴史(7割得点目安)、日本地理(7割得点目安)、一般常識(6割得点目安)がある。3科目の合計点ではなく、それぞれの科目に合格する必要がある。得点の目安は、平均点によって調整される。
 
 大学教員の8月は、かなり自由になる時間が多い。一次直前の1週間~10日間を、集中してこの試験の勉強に充てるつもりだった。だが実際は、前期科目のレポート読みと採点をし、6,000字の原稿を書き、オリンピック観戦に熱狂しつつのチャレンジとなった。
 
 最初に、『通訳案内士試験 地理・歴史・一般常識 過去問解説』(法学書院)に目を通した。いやいや、難しい。くじけそうになった。こりゃ、大変だ。1週間や2週間の準備で受かりそうもない。でももう受験料(11,700円)払っちゃったしな。受けるだけ、受けに行こう。でも受けるんだったら、受かりたいしな。困ったな。そのうえ、過去問は過去問で、傾向を知るにはいいけれど、同じ問題は出ないだろうから、それだけやっていても受かりそうにもない。どないしよっ!
 
 と思っている時に、『通訳案内士「地理・歴史・一般常識」直前対策』(語研)という新しい本を見つけた。これは、過去問ではなく、「必要と思われる知識」がコンパクトにまとめられていた。よしっ!これだ。これに賭けよう。というわけで、それ以降の勉強は、これ一冊に賭けた。
 
 まず、一度、じっくりと読んだ。なるべくその場で“覚えてしまう”つもりで、グッと気合を入れて読んだ。学生時代から「地理」は好きではなく得意でもなかった。「○○樹林」とか「どこどこの特産物は△△」とかもあまり興味はないが、無理やり頭に刻みつけた。「一般常識」は取り組みやすいだろうと考えていたのだが、いわゆる一般常識とは少し違い、訪日外国人の国別の増減など。こちらも、無理やり頭に刻みつけた。2科目とも再度読み返し、2度目は流し読みながら、キーとなる事実の記憶に務めた。
 
 日本史は、けっこう楽しかった。大学受験生に戻ったみたいで、ちょっとワクワクした。やはり”直前対策本“を一度じっくりと読み、その後再度読んだ。2度目は、全体の流れや事実相互の関連(政治史と文化史の関連など)に注意しながら読んだ。また、疑問に思ったところ、気になったところは、ネットでさらに調べて確認し、自分なりのメモ(おおまかな年表的なもの)をつくった(iPhoneのメモ上に作成し、何度か見直した。iPhoneのメモはなかなか使える)。
 
 結果は、いかに?自己採点で、日本歴史は、80点~90点。我ながら、よく出来た。ところが、日本地理は70点弱、一般常識も60点弱!今回は惜敗だな、と正直思った。
 
 この試験への挑戦は、長丁場だ。8月21日(日)に一次試験、そのネットでの発表が11月10日(木)、二次試験が12月4日(日)で、ネットでの最終発表は翌年の1月17日(火)だ。自己採点で「今回は惜敗だろうな」と思ったので、ネットの発表をチェックしなかった。すると11月12日(土)夕方、ハガキが届いた。開けてみると、な、な、なんと!合格してるじゃないですか(たぶん“平均点調整”が行われたのだろう)。それはそれで、正直、嬉しかった。「モッてるぜ、オレ」と思った。
 
 ところが、またまた慌てる事態が待っていた。“惜敗”だと思ってたので、二次試験の準備はこの時点で皆無。二次まで3週間しかないのに、本業他ですでに毎日のスケジュールは満杯だった。合間を縫っていかに二次試験の準備をしたか?それは、次回にお伝えしたいと思います。
 
或る大学教授の挑戦。延べ20日間の準備で、 「通訳案内士試験」に合格しました。
 

最新の記事
Category
お問い合わせ
ご依頼いただけること

ご依頼いただけるお仕事の内容ほか、お問い合わせ。