facebookボタン twwterボタン
hinasoyo blog

働き方論から恋愛論まで。日々の雑感も含め、専門領域を超えて幅広く発言して行きます。

今日持てる「楽しみ」を、明日に延ばすな。by hinasoyo


実質上休止状態だった「hinasoyo ブログ」を再び始めるに当たって、何を書こうか思案したのだけれど、ここは素直に、いちばん最近考えたことを文章にしてみようと思った。

 

それと、僕自身は「格言好き」で、ツイッターとフェイスブックでも「○○○○、○○○○。 by hinasoyo」という形で格言めいた投稿も多数して来た。このブログでも、しばしばそんな形も取るつもりだ。

 

さて、今回の格言は、

 

今日持てる「楽しみ」を、明日に伸ばすな。by hinasoyo

 

この「格言もどき」に込めた想いを、以下、述べてみたい。

 

この格言の元ネタはもちろん、「今日できることを、明日に延ばすな」。勤勉マインドを代表する言い分。もちろん一理はあって、ヤレることをヤレる時にヤルというのは、いいことだ。

でも一方で、そのメンタリティに過剰にひたると、休めなくなる、楽しめなくなる、ツラくなる。困ったことがたくさん起こりがちだ。

そのメンタリティにはまると、楽しみを先延ばしにし続けて、ほとんど「楽しみ」を持つこともなく、平気で1年、3年、5年、10年が経ち、あっという間に中年になり、老年を迎えてしまう。

仕事での成果や何かを成し遂げることはもちろん重要なことだけれど、家族と旅行に行ったり、見たい映画を見たり、くつろいで楽しいと感じられる休日の夜を過ごすことだって、同じように重要ではないのか。

「そんなこと言ったって、忙しくってそんな暇はないよ!」とか思ったそこのアナタ、そう言ってたんじゃ、いつまで経ったって状況は変わらず、いつまで経っても、楽しめやしない。

そして、「楽しみを持たずに頑張り続ける」のと「頑張りながら楽しみも持つ」のと、中長期的に比べてみたら、前者の方が高い成果を出せる保証はどこにもなく、むしろ後者の方がモチベーションや活力の点で、成果を挙げることに関しても有利に働く可能性だって少なくない。

こういうのはメンタリティや考え方と、一種の習慣でもあるので、やってみて慣れてくれば、「頑張りながら楽しみも持つ」ことも、さして難しくない。もしその方が良いと思うなら、ヤレばヤレる。ホント!だよ。

僕自身、多くの方と比較しても暇な方ではないと思うのだが、意識して「一定の割合で楽しみを持って」いる。

というわけで、

今日持てる「楽しみ」を、明日に伸ばすな。

です。

 

最新の記事
Category
お問い合わせ
ご依頼いただけること

ご依頼いただけるお仕事の内容ほか、お問い合わせ。